JAかながわ西湘について

理念と経営方針(求められる職員像)

JAかながわ西湘は、豊かな自然環境に育まれた郷土を愛し、地域に根ざした農業と食文化を守り、総合事業をとおして地域社会の発展と、心豊かなくらしの実現に貢献します。

理念の根拠

経営理念は、経営に対する普遍性を持つ信念・価値観であり、組織にかかわる人々や社会に対する誓約です。また、ビジョンや計画を策定するうえで組織構成員のよりどころとなるものでもあります。

「JAかながわ西湘」の存在意義を明確にし、組合員・役職員が価値観を共有することによって、地域社会に貢献できるJAをめざします。

「求められる職員像」 ありがとう といわれる職員を目指して!

わたしたち職員は、JAかながわ西湘の「理念」をより効果的かつ確実に実践するため、農業の発展と組合員・利用者の多様 なニーズに応え、また、地域社会に貢献するとともに健全で透明性の高い事業活動を行い、多くの皆さまから「ありがとう」といわれることを目指すとともに、役職員同士でも「ありがとう」といえる職員を目指すため「求められる職員像」を設定しました。

求められる職員像
  • 経営理念の実践に向けて行動できる職員
    “いのち”を育む「食」を支える「農業」と、笑顔溢れる地域社会の明日に貢献するような行動ができる。
  • 誠意ある態度で信頼される職員
    組合員・利用者の気持ちを考えた一歩先の行動と、高い倫理観を持って業務にあたり、誰からも信頼される行動ができる。
  • 自ら考えて行動できる職員
    地域社会や職場における様々な課題を発見し、解決に向けて積極的な行動ができる。
  • 責任感と協調性を兼ね備えた職員
    最後まで諦めない強い意志と円滑なコミュニケーション能力で、目的達成ができる。
  • 何事にもチャレンジできる職員
    現状に満足することなく、常に高い目標へ挑戦してステップアップができる。
行動指針
  1. 地域に暮らす人々とのふれあいと交流を通じ、そこで生まれる力を結集し、
    総合事業を通して信頼・安心・満足を提供します。
  2. JA人としての自覚と誇りを持ち、プロ意識を徹底し、知恵と工夫でステップアップを目指します。
  3. 働く意義と職場の尊さを常に自覚し、JAの健全な発展に貢献します。
みんなのよい食プロジェクト
困ったときの電話帳

TOP